光コラボまとめ

NTTの光コラボまとめ(OCN光、ドコモ光、あくび光 など)」です。光コラボについてと、「あくび光」「あくびネット」について。

    カテゴリ: 光コラボ

    「光コラボモデル」の勧誘のチラシが光回線代理店から来た件
    こんにちは。

    先日、知人から光コラボモデルについて相談を受けた時の話をしたいと思います。
    知人の家(マンション)の郵便受けに、このようなチラシが入っていたのだそうです。

    ▼チラシの内容

    ======================================================
    NTT東日本光コラボレーションモデル

    インターネット回線×Wi-Fi(無線)
    設備導入に関するお知らせ

    受付対応期間 平成29年6月5日(月)迄
    ※期間内に受付された方に無線ルーター(Wi-Fi)を手配させて頂いております。

    拝啓 時下益々の時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

    お住まいの地域には、インターネット、電話、TV等で利用できる光回線設備の導入が既に完了しております事を改めてお知らせいたします。
    電話加入権をお持ちでない方でも、インターネットのみでの接続が可能です。
    ご自宅にてスマートフォン、タブレット端末でインターネットをご利用中の方も固定電話を引いて頂くことによって、
    通信速度制限なく使い放題、定額でWi-Fi(無線)をご利用頂けます。

    ・新しくご入居の方や新規でインターネットご利用希望の方
    ・スマートフォンやタブレット端末等のデータ使用制限でお悩みの方(動画サービス等を多くご利用の方)
    ・話題のWi-Fi環境でスマートフォンやパソコン、ゲーム機などをご自宅内での利用をご希望の方
    ・アナログ回線(ADSLや他社回線)から光回線への切り替え予定の方
    ・現状のインターネット料金の見直しをされたい方

    プロバイダー料金込み・使い放題 通信速度 最大100Mbps~1Gbps

    マンションタイプ 3800円/月
    ファミリータイプ 5200円/月
    ※既に「フレッツ光」をご利用の方も、光コラボレーションモデルに転用頂けます。


    [東日本]光回線総合代理店 ライドオン株式会社

    ======================================================

    ▼・・・というチラシでした。
    問題は「光回線のサービス」「プロバイダ」の名前が書いていないという事です。
    そして上記の月額料金及び通信速度以外のサービス詳細がありません。
    そこで「ライドオン株式会社」を調べてみました。


    ▼ライドオン株式会社のホームページ

    当社では、お客様に快適なインターネットサービス光回線、電話回線をご提案する業務を行っています。
    主にアナログ回線からデジタル回線への切り替えの際に円滑に切り替えが出来るように
    お客様のサポートをさせて頂いております。

    ▼ライドオン株式会社のホームページを見ても、光回線やプロバイダの名前は勿論、サービスの詳細など一切書かれていません。
    おそらくこれは「何もわからず電話をかけてきた方を上手く言いくるめて巧妙に契約もで持っていく」という勧誘なのではと思います。
    そして後で「勝手に契約させられた!」なんて事になってしまうと思います。
    お気をつけください。

    20160202_1971796
    1: 曙光 ★ 2017/03/23(木) 09:57:06.89 ID:CAP_USER9
     携帯電話大手3社が、格安スマートフォン事業を展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)向けの2016年度分の接続料を約10~20%値下げすることが22日、関係者への取材でわかった。
    ソフトバンクが約20%、NTTドコモが約15%、KDDIが約10%それぞれ下げる。これにより、月に1980円程度の格安スマホ事業者の提供する料金も5%程度値下がりするとみられ、総務省も後押しする格安スマホの普及に弾みが付きそうだ。

     関係者によると、2月に改正された総務省令で定められた新算定方式で各社がデータ通信の接続料を算定したところ、16年度は、ドコモが毎秒10メガ(メガは100万)ビット当たり約67万円、KDDIが同約87万円、ソフトバンクが同約94万円になったもようだ。
    15年度はドコモが同約79万円、KDDIは同約97万円、最も高いソフトバンクは同約117万円だった。16年度の値下げで15年度に1.5倍の差があったソフトバンクとドコモの差は1.4倍まで縮まる見通し。

     今回の携帯大手の値下げによって、MVNO各社が大手に支払う負担が減ることに伴い、MVNOの提供する格安スマホ料金も安くなることが期待される。
    携帯電話業界関係者は「接続料値下げで月額約2000円の料金は100円程度下がるのでは」と話しており、携帯大手の春の新料金プランに対抗して、4月中に値下げする可能性もある。

     ただ、MVNOはすでに赤字に近い薄利でサービスを提供しているため、接続料の値下げ分がそのまま料金値下げに転嫁されることはなさそうだ。

     2月15日に改正された総務省令は、昨年10~11月に同省が開いた接続料を議論する有識者会議の提言を採用し、携帯事業にほぼ専業のドコモの直近3年間の株価を基に事業リスクを算定して接続料を定めることなどを新算定方式として盛り込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000501-fsi-bus_all

    【【MVNO】格安スマホ普及に弾み…携帯大手3社、MVNO向け接続料10~20%値下げ!⇒「光回線パック組んでれば結局1万円越える」】の続きを読む

    20160202_1971796
    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/22(水) 21:57:10.94 ID:CAP_USER
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/22/news099.html

    「スマモバ」ブランドでMVNOサービスを提供するスマートモバイルコミュニケーションズは2月22日、
    ソフトバンク回線の提供を受けた初のMVNOサービスを、他社に先駆けて3月22日に発売すると発表した。

    データ対応のnanoSIMを、iPhone向けに提供する。SIMロック解除に対応していないiPhone 6シリーズ以前でも利用できる。

     ソフトバンク回線のMVNOをめぐっては、日本通信がこのほど、ソフトバンクとの相互接続について合意。
    3月22日以降、MVNEとして回線を提供しているMVNOなどを通じ、iPhoneとiPad向け格安SIMを提供すると明らかにしていた。

    【ソフトバンク回線初の格安SIM、スマモバが3月22日発売!⇒「このサービスが格安SIM」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 14:26:54.59 ID:CAP_USER
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/02/15/mvno/
    no title


    楽天モバイルは15日から、1回線契約で2回線目以降が最大で無料になる新キャンペーンを開始した。
    「1枚買うと、もう1枚無料!」というドミノピザの売り方をイメージさせるキャンペーンで、家族の取り込みに効果を発揮しそうだ。


    キャンペーンの設計
    楽天モバイルの新キャンペーンが興味深いのは、その設計にあたり、実店舗の来店客に着目した点だ。
    楽天モバイル事業を担当する楽天の執行役員 大尾嘉宏人氏によると「来店客は夫婦もしくは親子が多く、
    全体の34%が同時申込みを行っていた」と話す。計測日が土日のため割り引いて見る必要がありそうだが"同時契約"がキャンペーン設計の注目点となったようだ。


    そしてもうひとつ。携帯電話に関する春のキャンペーンは、学生がそのターゲットとなるのが相場だが、
    大尾嘉氏は「春は学生だけ、若い人だけに訪れるものではない」とし、誰でも対象になることをベースに設計。
    上記の来店動向と併せて、1回線契約で2回線目以降が最大で無料になる新キャンペーンを開始することとなった。

    キャンペーンの内容に少し踏み込むと、通話SIMの5GB以上のプランとオプションサービスの「楽天でんわ5分かけ放題
    by 楽天モバイル」を申し込むと、2回線目以降の月額基本料が最大1年間無料もしくは割引きが適用されるという仕組みだ。期間は5月11日まで。

    キャンペーンの対象者は、家族に限定されるわけではなく、2回線目以降、友人もしくは本人でも条件を満たせば適用される。
    とはいえ、今回のキャンペーンで期待されるのは、家族での加入だろう。そして、このキャンペーンは他のMVNOの先を行くものとなりそうだ。

    【【MVNO】楽天モバイル、1契約で2回線目以降無料のサービスを開始!⇒「期間限定で釣るのはやめろ」】の続きを読む

    20160202_1971796
    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/08(水) 15:25:09.26 ID:CAP_USER
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08H8I_Y7A200C1000000/
     ソフトバンクグループが8日発表した2016年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、
    純利益が前年同期の2倍の8574億円だった。国内通信事業で光回線が好調で通信収入が伸びたほか、
    子会社の米携帯電話スプリントも損益が改善した。フィンランドのゲーム大手スーパーセルの売却益など非継続事業から
    の利益計上が寄与する。売上高は微減の6兆5814億円だった。

     17年3月期通期の業績見通しは開示していない。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    【ソフトバンク、16年4~12月期純利益2倍・・・光回線が好調!⇒「光回線そんなに安いのかい」】の続きを読む

    このページのトップヘ